滝野川高等学院での学びシリーズ①「両立」




こんにちは!
暑さに弱いけど、寒さにも花粉にも弱い戸口です。

このブログでも時折書いていますが、初年度の滝野川高等学院では色んな成功や失敗、ハプニングを多く体験しました。

そこで、滝野川で得た教訓を、いくつかに分けて書かせていただくことにしました!
つたない自分語りですが、関わる人々の全員を大きく変化させる、滝野川高等学院の"チカラ"を感じていただければ幸いです。



第1回のテーマは「両立」です!

豊田先生は高校教師時代から、「文武両道」についてよくおっしゃっていました。
野球などのスポーツで得た体力や集中力を、勉学にも活かすことができれば最高ですよね!

1期生のアユムも、結果としては野球と共に小論文などを学び続けたことで大学合格を果たしたことになります。
豊田先生も、ボクシングや夜勤などのたくさんのことを「両立」されていますし、滝野川とものごとの「両立」は、近い関係にあるといえるでしょう。

私も例に漏れず、「両立」を必要とされました。
というのも、私は今大学生。
滝野川で活動させていただくには、いわゆる学業とアルバイトのバランスが求められるのです。

朝から滝野川でお手伝いし、17時から22時ごろまで大学で学ぶという生活はなかなか厳しく、滝野川でのシフトも週2から週3には増やしていただいたものの、それ以上は自分の勉強時間がとれなくなってしまうという日々が続いていました。

とはいえ、常に平常通りとはいかないのが社会です。
滝野川では1期生アユムの受験、大学では中間試験や期末試験と、多忙期が重なってしまうときこそ「両立」の力が求められます。

試験日や課題提出日が発表されたと同時に大まかなスケジュールを組み、足りない時間は睡眠から頂戴して、なんとか滝野川の時間を削らずに乗り切ることができました。

この経験から学んだのは、"スイッチの切り替え"の大切さです。
どれだけスケジュールが混雑していても、今からは勉強時間、今からは作業時間、今からは仕事など、しっかりと頭を切り替えて行動しなければ、疲れるうえ効率も圧倒的に悪くなるからです。

私はその切り替えに苦戦しました。
どうしたって集中力に限界がきてしまうし、期限が迫るといい加減になってしまうのです。

今回はそれでもなんとか大丈夫でしたが、学年が上がったり、更に責任を問われるものを両立することになった場合には、このままではいけません。

普段から"スイッチの切り替え"を意識することで、オンオフを自在にこなせるようになる必要があります...!
色々なことを両立できるようになれば理想的なので、"スイッチの切り替え"を自在にすることを今年の目標にして頑張っていきたいと思います。


thumbnail_switch.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

滝野川高等学院

2019年4月に開校した通信制高校サポート校・滝野川高等学院の公式ブログです。
学校のことをたくさんのかたに知っていただけるようにさまざまな情報を更新していきます。

HPも見てください!
滝野川高等学院公式HP

Twiterrやってます
滝野川高等学院公式アカウント
豊田代表のアカウント

YouTubeはこちら
滝野川高等学院 YouTube公式チャンネル